So-net無料ブログ作成
検索選択

東日本女子駅伝




福島県チーム「県民に元気を」 東日本女子駅伝・結団式
第31回東日本女子駅伝競走大会(11月8日・福島市)に出場する本県選手団の結団式は31日、同市の信夫ケ丘競技場で行われ、関係者が健闘を誓った。 鈴木浩一福島陸協会長が「県民に若さあふれるフレッシュな姿を見せてほしい」と激励、選手代表の高橋未来(田村高3 (続きを読む)

福島県の2選手を変更 東日本女子駅伝・出場選手
福島陸上競技協会は26日、第31回東日本女子駅伝競走大会(11月8日・福島市)に出場する本県選手の変更を発表した。東北高校駅伝競走大会(同12日・山形県長井市)出場に伴う変更で、学法石川高の大塚理央(2年)、古寺冴佳(1年)の両選手を鈴木葵(福島明成高1 (続きを読む)

ホンダが5年ぶりV 東日本実業団駅伝
ホンダは2位で出たアンカーの松村優樹が日清食品グループとの52秒差を逆転した。カネボウは13位で、15位までに与えられる全日本大会(来年1月1日)の出場権を3大会ぶりに獲得した。 女子の全日本大会の予選会は東日本、中日本、西日本の3地区が今年から一本化 (続きを読む)



東日本女子駅伝の中継をみていますが、中学生や高校生もでているからなのもあるか...
東日本女子駅伝の中継をみていますが、中学生や高校生もでているからなのもあるからかもだが、誰も知らない人ばかりですが、実業団すら知っている選手がいないけど、 中堅やベテランがいないのかもだが、メディアや活躍度的にも無名とかまだまだの選手しかいないの? 実績があまりない人ばかりなんですか? となると、今年が31回だから、過去の同レースで、有名な選手が無名時代でも、でていたことはあるの?(続きを読む)

今日の東日本女子駅伝の一件、調べさせて頂きました。 かわいそうな山形県代表・・...
今日の東日本女子駅伝の一件、調べさせて頂きました。 かわいそうな山形県代表・・・・・。ご愁傷様です。 そもそもの発端は、第5中継所手前で山形代表がコースをショートカットして失格になったというものです。 そのニュース記事 ↓ http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1738035.html 山形代表が、コースをショートカットする様子 ↓ http://livedoor.3.blogimg.jp/dqnplus/imgs/e/5/e5f6e974.jpg ニュース記事を見て頂けるとおり、山形県代表はルール違反です。 しかし、後続の北海道代表はショートカットしようとして、責任者らしきスーツを着て身分証明書を首からかけた男性に指示されて、セーフなんです。・・・、ずるくないですか? 北海道代表が、スーツ男性に指摘されて、正規のルートに戻るとこ ↓ http://livedoor.3.blogimg.jp/dqnplus/imgs/d/2/d2164ec9.jpg その後、スーツ姿の関係者がコーンを修正し、後続は問題なく走り終えました。 コーン修正中 ↓ http://livedoor.3.blogimg.jp/dqnplus/imgs/b/2/b2e581bf.jpg 探したら、動画がありましたので、載せておきます。 ↓ http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/live/movie-5.html そして、山形県代表は、失格になりました・・・。 ↓ http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/live/index.php http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/team/index.html ↑ 名前まで載ってるんですよね。 平山絵梨さん、残念です。 言いたいのは 1.まず、運営側のミスだろう?公に謝罪すべきだ。 2.山形県以降のチームには、教えたり、修正したり・・・・、山形県だけなぜ差別されたのか・・・・。 私は、山形県以降も教えず、修正せず、同じ土俵に立たせるべきだった。北海道代表も失格にすべきである。 3.来年からの大会は、わかりやすいようにコーンを増やしたり、矢印白線を書くべきである。 山形県代表は、来年度から参加ボイコットすべきでは?とも思いますが。 皆様の、熱いご意見をお待ちしてます。(続きを読む)

東日本女子駅伝を見て、ものすごい不満があります。 不満の内容は、この駅伝大会は...
東日本女子駅伝を見て、ものすごい不満があります。 不満の内容は、この駅伝大会は年に1度、私の地元である福島県で開催されますが、今日の今大会開催で皮肉な事に地元福島県チームが最下位 に敗れた事です。 常識から考えて地元が最下位というのは信じられない思いです。福島県チームの監督には責任とって、辞任して新しい監督に今すぐ交代してほしいものです。 こんな馬鹿な話ってあるものでしょうか? それから、福島県チームは実業団選手を入れないで、優勝しましょうという考えがあるようですがそれは間違いです。勝負の世界は甘くないのだから。 おそらく、福島県民は全員、野次をとばしたり、批判をしていた事でしょうね。 福島県陸上協会にも、苦情の電話が来ると思います。 私がもし、会場にいたら、監督を呼び出して土下座をさせていました。 福島県の皆様はどう思いますか? 反論あれば、どこからでも受けてたちます。 以上(続きを読む)





第27回東日本女子駅伝の福島開催について - 楽天ブログ
9月29日の福島民友スポーツは、 第27回東日本女子駅伝が、11月13日、 福島市の信夫ケ丘陸上競技場を発着点に開催すると報道した。 この報道は、9月28日に行った記者会を受けたもので、 福島陸上競技協会が日程などを発表した。(続きを読む)






nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。