So-net無料ブログ作成
検索選択

鈴鹿8耐:決勝3時間経過 MuSASHi RT ハルク・プロが首位争いから脱落


鈴鹿8耐:決勝3時間経過 MuSASHi RT ハルク・プロが首位争いから脱落
トップYAMAHA FACTORY RACING TEAMはポル・エスパロガロが順調に周回を重ね、後続に対して1分近い大きなアドバンテージを築いた。2番手のMuSASHi RT ハルク・プロは3回目の走行をニッキー・ヘイデンが担当。ヨシムラ スズキ Shell ADVANCEは芳賀紀行が周回。(続きを読む)

Honda勢が1-2-3フィニッシュを達成し、表彰台を独占
鈴鹿4時間耐久ロードレースは、地方選手権などを戦いながらステップアップを狙う若手からレースを真剣に楽しむリターンライダーまで、さまざまライダーが参戦する大会です。2名でチームを作り、ピットワークをはじめ、鈴鹿8耐同様のレースフォーマットで争われます。 予選順位 (続きを読む)










nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。